技術サービス紹介 一般空調

経営理念とビジョン

信幸プロテック 経営理念の紹介

 

我社の財産、社員とともに創ってきた経営理念をご紹介します。

信幸プロテック経営理念

 

<我社の経営理念>
 経営理念につい簡単に整理しますと、前述の通り、経営する理由です。 個人的に例えれば、人は生きがいを無くしては生きてはいけません。


 誰かに必要とされ、頼りにされ、おかげ様!と感謝をされ、そして「あなたがいなくては困る。」と言われる存在となって初めて生きがいを感じ、存在意義が出てきます。企業であっても全く同様です。目的や目標を同じく持つ個人の集まりが企業なのですから、企業の生きがい、存在意義も同じなのです。

 

 地域社会の中で、信幸プロテックでなければ出来ない仕事をして役に立つ。 他の企業では置き換えることが出来ないから、いなければ困ると言われる様になって初めて企業としての生きがいが出て、その存在意義が出て来るのです。人にあてにされ、人の役に立ってこそ、生きる喜びが湧いてくる事は、個人個人が集 まって働く場(企業)も同じなのです。


 あてにされ、役に立ち、ありがとう、あなたのおかげです。と言われた時、格別な喜びが湧いてくるのです。 その働く意味と、その企業の存在理由を明確に表現しているものが経営理念なのです。

 

<「人の役に立つ」とは>
 仕事を通して人の役に立つとは、相手にとってかけがえのない、なくてはならない存在No.1でなければ役に立つことができません。


 なぜなら、もしも相手にとって2番目や3番目や最下位の位置でしかなかったら相手は1位の誰かを選び、私達は役に立つ場に居られないのです。その意味で「人の役に立つ」とは、誰にも負けない、たゆまぬ努力を続けて高い能力を身に付け、同時に企業人として仕事を通し、その卓越した技術や様々な能力を社会の為に活かし、役に立てることを云うのです。


 社会は常に進化発展していきます。今年の役立ちが来年にはもうたいして役に立たないかもしれません。あるいは同じ事だけでは飽きられるかもしれません。他の人より少しでも高難度の道を進み、同業他社が難しいということが出来る技術、技能を早く身に付けよう。 そして、人が嫌がる事でも喜んで出来る人間となり、あてにされ、私達全員がいつでも役に立ち、いつでもなくてはならない人と企業でありたい。


 そのことを実現させ、発展する為にも、共に学び、鍛え合い、技術的に、人間的に、文化的に、成長できる企業をつくり、維持していきたい。


 私達は全員が一丸となって、小さくて目立たずも強い企業、働き甲斐のある企業、家族ともに幸福な生活が出来る企業、社会に一筋の明かりを灯す企業を目指します。


 「人の役に立つ」とは、この様なことがいつも当たり前に出来る事を云うのです。

 

<社員にとって「人の役に立つ」とは>
 全人生において、職場で働く時間は時間量で見れば全体のおよそ25%(1/4)です。この職場に居る時間を企業人とし、又、職場以外の時間を家庭人として残りの75%(3/4)となります。

 

 その25%の企業人として働いている頃の年齢が人生に於いて一番人間らしく生き、又、多くの人々に多大な影響を与え、
又、 受ける時期でもあります。そして、この年齢が一番多くの人々と出会い、多くの学びをいただきます。

 

 人の役に立ちながら学び、その中に生きがいを見い出し、充実した人生を築いていきます。人は、"人の役に立ち、社会に貢献できた"という歓びがあるから充実できるのです。その充実して働く親の姿を見て子供が健全に育っていくのです。


 子供は口で言われるよりも、親の態度から心を読みとって育ちます。職場は、もちろん生活の糧として給料をもらうところですが、同時に生きがい、働きがい、そして何より大切な学びをも得る所です。

 

 我社は企業であり、人が働きそれに見合う給料を払う為に利益を必要としますが、その場において、働く場を学びの場としても位置づけ、社長も社員も共に学ぶことを大切に思い、永遠に続けていこう。

 

 その結果で得られる社員の成長は何にも変えがたいものになります。


 NHKの"プロフェッショナル"の様に、職場で学び日々向上を続ければ、自然に妻や、子や親をはじめ多くの人々そして、地域に貢献できていきます。自身の人生を振り返り、充実した歓びを味わえる時が必ず来ます。

 

<夢、生きがい>
 地球上の多くの生物の中で、人間だけが、夢や希望、そして生きがいを無くしては生存できないものだと云われています。また、人間だけが自殺をする生物です。

 

 その自殺の原因は夢も希望も生きがいもなくした事がほとんどだと云われます。着る物や食べる物が無いと、自殺とは逆に人は何とかして生きようと思い、工夫や努力をしてその目的を達成します。

 

 しかし生きがいなどの精神バックアップを失うと人は死を選択してしまう率が格段に高まってしまいます。このことから分かる様に、人は衣食住以外に夢や生きがいなくして生きられないのです。

 

 また、たとえ生物として生きられても、頑張ったり輝いたりはできません。他の動物と同じくただ生きているだけの存在になります。私達は輝いて生き、仕事をしていきたい。だから私達では全社員が共有する夢やビジョンと同時に社員個人の夢と生きがいを大切にし、仕事を通じてそれが叶えられるように応援していきます。

 

<物心共に豊かとは>
 夢と生きがいは、働きがいを生み出します。働きがいを持った社員は 輝いた仕事をします。そしてお客様や多くの人々に感動の価値を与えます。その結果、その社員に心からの満足とそれに見合った報酬(因果応報)がついてきます。

 

 その結果において物(所得)も豊かになり、家庭生活の中や、社内でも心豊かになれるのです。そして自分の子供もこの会社に入れたいと思うような会社にさえ成長していくでしょう。

 

<他に先駆けて多くを学ぶ>
 高校や大学を卒業するとき、「あ〜ッ やっと勉強から開放される。」と大抵の人は思ったことでしょう。しかし高校や大学の在学中に、ほんとうに真剣に勉強したでしょうか。世の中に出てほんとうに役に立つ仕事をしたでしょうか。

 

 親が爪に灯をともす想いで工面して作ったお金さえも、ムダに使ったり、遊びほうけていなかったでしょうか。一方、高校や大学に入れなかった人の中に、社会に出てから勉強を始めて、ついには大事を成した人が多いのも歴史的事実です。学歴イコール人生成功ではないと社会や歴史が教えてくれます。むしろ不足や貧乏が人を育てます。


 ひとが成長する為には、素直な心で学び続けなければなりません。一人前の気になったときに成長は止まり、衰退が始まるのです。「成った気するなヨ!」と注意されたら、その人を恨むより感謝すべきです。やっと一人前になったところで他に先駆けた事が学べるのです。

 

 一人前になることさえ難しいのに、他に先駆けることは事の他難しいことなのです。だから、他の人や他の企業でもやはり難しく、やりきれないことなのです。


 信幸プロテックではいつでもその人のやる気を持たせ、継続させ、多くを学ぶ機会を作っていきます。

 

 時に学校だと勘違いするほどにしたい。 ただし学校はお金を払うが、ここでは学びながら給料がもらえる。そして豊かな人間性をも育んでいきたい。

 

<お客様満足を創造する>
 豊かな人間性をもったエンジニア集団が提供できるのは、「当たり前品質+魅力的品質」なのです。いつか社員の皆さんにも話しました。 あの駅前のラーメン屋の話です。

 

 私達は当たり前を超えたエンジニア集団となり、加えて人間性、ホスピタリティ、豊かな提案や仕事の出来る企業でありたいと願うものです。

 

(当社経営指針書より抜粋)

全体ビジョンと個人ビジョン

 当社では、年一回の経営指針発表会を開催し、その中で会社全体の進行方向と見通しを示す10年ビジョン、全体の方向性をもとに部門の10年後を見通す部門の10年ビジョン、部門の中で自らの役割をイメージした個人の10年ビジョンを作成することで、社員一人一人が全体の中での自らの長期的な針路を見誤ることなく自信を持って進んでいけるような仕組みづくりと発表の場を持っています。


詳しくは自己啓発計画・10年後ビジョンのページをご覧下さい。