技術サービス紹介 一般空調

学びたい人を応援!豊富なバックアップ体制

取得資格、保持者数 〜学んだ知識をキャリアに生かす〜

 

当社のスタッフは資格の取得に熱意を持って取り組んでおり、こうしたスタッフの努力は他社に誇れるものです。
会社側でもこれを費用面などからバックアップする体制を整えており、スタッフはこれまでに数多くの資格を
取得しています。


■取得資格・資格者数一覧

エネルギー管理士 1名
電気主任技術者3種 1名
建築物環境衛生管理技術者 1名
毒物劇物取扱責任者 2名
一級冷凍空気設備調和機器施工 9名
二級冷凍空気設備調和機器施工 11名
一級管工事施工管理技士 4名
二級管工事施工管理技士 8名
第一種冷媒フロン類取扱者 18名
第一種電気工事士 8名
第二種電気工事士 8名
給水装置工事主任技術士 10名
排水設備責任主任者 4名
ボイラー整備士 8名
冷媒回収技術者 31名
液化石油ガス設備士 14名
二級ボイラ技士 9名
危険物取扱者(乙種4類) 11名
高所作業車運転 14名
小型移動式クレーン運転 22名
フォークリフト運転 9名
石油機器技術管理士 21名
低圧電気取扱作業 18名
福祉住環境コーディネーター 2名

(平成28年12月現在)

※その他にも、事務系社員を含めて全員が数々の資格免許各種技能級を取得しております。

資格取得・研修講習費用についての考え方

 

● 会社負担

 

教育の目的はその理念に基づき“社会にとってなくてはならない人”を育てるものです。
業務上で必要とする技術、技能考え方の教育費は全額会社負担としています。

 

● 一部本人負担(50〜100%)

 

  1. 所定労働時間外の自主勉強会
  2. 全く業務上に必要のない教養的なこと、プライベートで興味があるもの
    (将来、新たな業務等に生かせる可能性等を考慮し、会社助成割合を決めます)


資格取得・研修講習体制とバックアップ制度

 

  1. 社内研修
    早朝勉強会

    技術と技能を高める目的で、
    1. 基礎学識(ベーシックコース)と、
    2. 技術実践(テクニカルコース) の2コースで開催しています。

    マナー、教養、考え方

    1. 朝礼で学ぶ
    毎朝の朝礼で当番が朗読する“仕事の記録帖”※の中に、
    実に多くの「学び」や「気付き」があります。


    ※月刊「仕事の記録帖」 定価380円(税込) 文明出版社

    2. 研修会で学ぶ
    主に、閑散期の土曜日の日中に実施し、テキストを使用して皆で読み合い検討をして理解を深めていきます。

     

    ごく稀ではあるが、外部から講師を招いて実施することもあります。



  2. 社外研修

  3. ■ 公共研修機関で学ぶ

    1. 中小企業大学校…ベーシック・テクニカル/技術技能、試験対策講座受講
    2. 岩手県産業技術大学校…ベーシック・テクニカル/技術技能、試験対策講座受講
    3. 中小企業家同友会…講演会、グループ討議への参加(考え方、生き方、教養、経営の諸能力向上)
    4. メーカー研修センター…専門技術の習得、社外ネットワークの構築
      研修旅行(不定期) …2007年度例:弊社キャラクター「かものはし」生態見学(オーストラリア)
    5. その他イベント、展示会、セミナー
  4. 独学する人の為に独学したい人の為に、その費用を会社で援助します。
    1. 仕事に関係すること…50〜100%
    2. 仕事に関係は無いが、教養的なこと…25〜50%
    3. どちらでもなく、まったくプライベートなこと…0〜25%